キイロスズメバチを駆除して安全安心な暮らしを

男性と女性

発生すると怖い虫

一軒家

昨今、南京虫による被害が旅館や一軒家で増えています。南京虫は、夜中に忍び寄って吸血する性質があるのです。素人が駆除しようにも、細い隙間に入り込んでしまうので駆除は難しいです。なので、南京虫駆除業者にきちんと依頼する事が大事です。

詳しく見る

車で多く発生する

だに

ダニ駆除をしなければいけない場所の1つに車の中があります。シートには多くのダニが生息しているので、車内を高温にすることで死滅させましょう。また、再発防止のために死骸だけでなく卵も排除します。水洗いと掃除機と天日干しで完全に予防できます。

詳しく見る

夏になると蜂が出てきます

スズメバチ

キイロスズメバチは、屋根の下など見えるところに巣を作ります。体長は2cm前後です。気性が荒く近づいただけでも巣から飛んで出てきます。女王蜂が、狭くて暗い所に巣を作ります。そこで働き蜂を増やします。そこが手狭になると屋根の軒下などに引っ越して大きな巣を作ります。見えるところに巣を作る種の中では最大の巣を作ります。働き蜂は秋までに死んでしまいます。女王蜂は冬眠して次の年の4月頃から巣を作り始めます。繁殖のピークは8月から10月の間です。この頃に最も狂暴になります。キイロスズメバチは、黒色に対して激しく攻撃します。白色や黄色や銀色にはあまり攻撃しません。動くものに敏感に反応します。手で払う動作をしたり急に走りだしたりすると襲われる可能性があるので、近づかないようにしましょう。

キイロスズメバチは、スズメバチの中でも特に狂暴です。キイロスズメバチを駆除するには専門の知識が必要です。服装はハチ専用の防護服があります。肌を露出することが無いように手袋、帽子が必要です。顔周りは防護ネットで覆います。キイロスズメバチの駆除は、暗くなってから行います。暗いので懐中電灯が必要ですが、赤いセロファンを貼って赤い光にするとキイロスズメバチを刺激しません。まずは巣の中に殺虫剤を吹き付け続けます。巣の中で動き回る音がしなくなれば撤去できます。生き残っていると危険なので離れた所から長い棒を使って巣を落とします。巣をごみ袋の中に落とすようにします。キイロスズメバチに刺されるとアナフィラキーショックになることもあります。駆除はプロの駆除業者に頼むのが安心です。駆除業者であれば、短時間で正確に退治してくれるでしょう。費用や駆除方法、掛かる時間などについては、まず電話やメールにて問い合わせて確認しましょう。

室内に侵入する害虫

蟻

アリは開け放した窓などから食べ物のカスやニオイにつられて侵入してきます。いったん道筋を覚えると仲間を呼び寄せてくるので厄介です。アリ駆除をするにはスプレータイプの薬剤を巣に吹きかける方法があります。また薬剤を巣に持ち帰らせて全滅させることもできます。アリ駆除が困難な場合は業者に依頼しましょう。

詳しく見る