キイロスズメバチを駆除して安全安心な暮らしを

男性作業員

車で多く発生する

だに

高温による駆除

ダニ駆除が最も必要な場所は車です。車の中というのはダニが潜みやすいところです。特に、車のシートにはダニが多く生息しています。しかしながら、ダニ駆除が非常に難しい場所です。なぜなら車の中で薬剤を使用すると、密閉されている状態なので、薬が残留しやすいからです。耐久力の高い大人しか乗らないのであればともかく、子供やペットも乗る機会があるのであれば、これは適切なダニ駆除方法とは言えません。そこで最もおすすめすることができるものが高温による駆除です。天気が良くて気温が高い日に直射日光が当たるところに長い時間駐車しておくと、車内のシートは50℃程度にまで高くなることがあります。そうして、ダニが死滅するようになります。

駆除をした後の再発防止

車内の温度を高くすることでダニ駆除をすることは、非常に有効ですが、そのあともきちんとケアをする必要があります。死滅したダニが存在するシートを水洗いします。それから掃除機で吸引しましょう。最後の仕上げとして天日干しをします。こうしたプロセスを経過して初めてダニの死骸と糞と卵が排除することができます。ダニ自体が死滅しても卵が残っていると再び発生することがあります。再発防止のためにも必ず天日干しが必要です。ちなみに、UVカットガラスの場合は温度が上がりにくいのでより時間をかけなければいけません。また、エアコンにも潜んでいる可能性もありますので、その場合は、洗浄スプレーによる清掃が最も効果的になります。